Loading...
3Dプリンターでつくる廃棄食品再生プロジェクト「Upprinting」

3Dプリンターでつくる廃棄食品再生プロジェクト「Upprinting」

エリゼリンデ・ファン・ドーリウィード(Upprinting)

概要

ペースト状にした食材を今話題の3Dプリンターで印刷し、オーブンで焼いているクラッカーが誕生した。焼いた後は乾燥させ、バクテリアの活動を弱めている。安心して食べられる上、長期保存できるようになるという。ペーストをつくるための原材料や香料用のスパイスは、すべて廃棄予定の食品で75%以上を地元から調達している。3Dプリンターで作られているため、様々な形に加工できる。

組織種別

ここがGood!

  • 廃棄予定の食品が3Dプリンターによって美しさを取り戻している
  • 中国との事業提携が進んでおり、今後幅広い展開が見込める
  • 地産地消・フードロス削減・健康を叶えられる取り組み