Facilitating a Sustainable Future

サステナブル事業開発に必要なファシリテーションスキルを身につける1day講座

こんな悩みはありませんか?

サステナビリティ推進に役立つリーダーシップ、ファシリテーションスキルを身につけたい
会議やワークショップなど様々な場面で使える汎用性の高いスキルを身につけたい
サステナビリティ推進に関わる実践者とつながりたい

Facilitating a Sustainable Future
サステナブル・イノベーション・ファシリテーター講座 とは?

SDGs・脱炭素などをテーマに、企業や自治体、NPOなどがさまざまな事業創出を手掛ける昨今。しかし、ひとつの社会課題に取り組むと他の社会課題の観点で問題が生じたり、コストや利便性が犠牲になったりと、課題解決においてはトレードオフの問題を無視できないのが実情です。

誰も正解が分からないなか、サステナブルな未来を切り拓いていくために欠かせないのが、対話の場。たとえば組織開発や企業間の共創、まちづくりビジョンの策定など、関係する多様なステークホルダーを招き、共通の課題やテーマのもとに、時には、当たり前になっていた前提条件を外して青写真を描きながら、それぞれの視点で対話することで実現に向けた糸口が見えてきます。

そんな場には、多様な観点を引き出しながら場づくりを進めていく“ファシリテーター”の存在が必要です。「Facilitating a Sustainable Future」をコンセプトとした本講座では、サステナブルな事業づくりにおけるファシリテーターの役割についてや、発想を広げ、対話を促す「問い」の立て方などを学び、業種や部署、セクターの垣根を超えた対話によって描きたい未来を創造していくための考え方やスキルを学ぶことができます。

本プログラムでは、多様な観点を持つ方々を集め、多様な意見が生まれるような問いを投げかけて議論を加速させていくファシリテーターとしての人材づくりを目的に、1日3時間の講座を展開します。受講後は、講座で学んだことを実践する計画書を作成いただき、実践を見据えた学びや、定期的な受講者交流会をきっかけに受講者同士の横のつながり構築にもお役立ていただけます。企業の経営企画、サステナビリティ推進担当、自治体の企画事業開発、コンサルティング事業者など実務で課題を感じている方におすすめです。

本講座の流れ

学び・体験
講義形式で、サステナブル事業開発とファシリテーション/良い「問い」の立て方を学びます(復習用テキスト・動画つき)。その後、模擬セッションの体験とセッション実施計画書を仮作成します。(3時間/オンライン)
実践
セッション実施計画書に基づき、参加者のみなさまが自ら自社などでファシリテーターとなってセッションを実施して頂きます。実践に際しては必要に応じてフォローも致します。
つながり構築
年に2回、受講後の取り組みを発表したり、参加者同士が交流したりといった場を用意致します。座学で終わらせず、ファシリテーターの輪を広げていきます。

講師紹介

加藤 佑

ハーチ株式会社 / IDEAS FOR GOOD創刊者

1985年生まれ。東京大学教育学部卒業後、株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)を経て、サステナビリティ専門メディア「Sustainable Japan」の立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツの制作などに従事。2015年12月に Harch Inc. を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。

有福 英幸

株式会社フューチャーセッションズ

大手広告会社にて、企業のブランディングやデジタルコミュニケーションに従事。デジタルクリエイティブの新しい表現に挑戦し、カンヌなど国内外の広告賞を多数受賞。またサステナブルな社会を目指すwebマガジン「ジアスニュース」を発刊、編集長として運営を手掛ける。ソーシャルイシュー、メディアの知見を活かし、より社会的なインパクトを創出すべく、2012年にフューチャーセッションズを立ち上げ、社会イノベーションの共創を促進。関心領域は、エネルギー、食。

本講座の特徴

サステナビリティ×ファシリテーションの専門性

ファシリテーション分野の第一人者であり、社会イノベーションに向けた共創活動を促進させてきた株式会社フューチャーセッションズと、企業・自治体を中心にサステナブル移行を支援してきたI4G Business Design Labのナレッジを掛けあわせて展開いたします。

実践的で具体的な手法とスキルを学べる

サステナビリティ・プロジェクト推進に必要なロードマップの設計手法や、優れた「問い」を立てる際の方法論、共創・対話型ワークショップにて活用可能な目的別のワークショップメソッドなど、すぐに実務で活用可能な具体的手法を数多くお伝えします。

座学で終わらず、実践につなげる

ファシリテーションの目的や手法を理解して終わりとならないように、模擬セッションやセッション実施計画書の作成、受講者交流会を通した実践者同士のつながり構築の場などもご用意しております。

こんな方におすすめ

  • 関係者が思わず取り組みたくなるようなワクワクする「問い」を立てられない。
  • 企業ビジョンやまちづくりビジョン設計に関わっているが、プロジェクトのプロセス設計ができない。
  • 多様なステークホルダーを巻き込んだ対話の場を設定したいが、その手法が分からない。
  • サステナビリティをテーマとするワークショップの設計・運営ができない。
  • ワークショップの質を上げる具体的なメソッドやスキルを学びたい。
  • 組織内でサステナビリティ浸透を進めたいが、その手法が分からない。
  • 将来的に様々なサステナビリティプロジェクトにファシリテーターやコーディネーターとして関わりたい。

講座の内容(抜粋)

  • 1. サステナビリティ推進とファシリテーションスキル
    • 持続可能な未来の実現に向けて求められる、関係性をデザインする力
    • サステナビリティ推進における課題・ジレンマ
  • 2. 共創ファシリテーションのメソッド
    • 力強い問いのデザイン
    • 招き入れるステークホルダーの設計
  • 3. 体験セッション
    • 参加者の信頼感を高めるメソッド
    • 参加者に意思決定をしてもらうメソッド
    • 試作(プロトタイプ)するためのメソッド

講座の概要

  • 開催日:2023年1月25日(水)18:30〜
  • 参加人数:15~30名程度
  • 開催場所:オンライン
  • 提供料金:22,000円(税込)
受講にはPeatix(外部ページ)からのお申し込みが必要です。 受講をご希望の方はこちらからお申し込みください。