Loading...
バイオマス発電でCO2を集めてビールを造る「BCCS Project」

バイオマス発電でCO2を集めてビールを造る「BCCS Project」

ドラックス(Bioenergy Carbon Capture and Storage Project)

概要

イギリス最大のバイオマス発電所を所有するドラックス社が、発電所から排出されるCO2をビール業界に提供していくために、炭素回収と貯蔵に取り組むパイロットプロジェクトをはじめる。バイオマス発電は「カーボンニュートラル」の性質を持つと言われている。今回の取り組みは、排出されたCO2をさらに有効活用できるため、ドラックス社は、同発電所で発電された再生可能エネルギーを「カーボンマイナス」にすることができると意気込む。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • ビール業界にとって新たなCO2資源へのアクセスを増やしている
  • 半年の稼働でヨークシャー市民全員が飲む1パイント分の炭素量を超える
  • イギリスが気候保護目標を確実に達成するための実践例になる