Loading...
自然を感じ、健康になる。靴を履いて歩いてはいけないラトビアの小道

自然を感じ、健康になる。靴を履いて歩いてはいけないラトビアの小道

Valguma Pasaule(Valguma Pasaule)

概要

豊かな自然を有し、希少種も含めたさまざまな動物を保護するラトビアのケメリ国立公園のなかには、“靴を履いて歩いてはいけない”小道がある。訪れた砂利や松かさ、ガラスの破片が敷き詰められた道、泥や冷たい川のなかを歩く「自然の足つぼマッサージ」によって、人々が楽しみながら健康状態を向上することができる。自然を肌で感じながら生態系や森林保護の大切さも体感できるアトラクションだ。

組織種別

ここがGood!

  • 歩く人の脚全体の筋肉や靭帯、関節を強化し、血の巡りも良くする
  • 野鳥の鳴き声が響く自然公園という舞台で、自然の尊さを体感できる
  • 子供にもわかる自然保護の掲示板があちこちにあるので自然と対話が生まれる