Loading...
再エネで作られた電気と二酸化炭素からタンパク質を生成

再エネで作られた電気と二酸化炭素からタンパク質を生成

VTT技術研究センター(タンパク質)

概要

Lappeenranta University of TechnologyとフィンランドのVTT技術研究センターが共同で、再生可能エネルギーから人々の栄養源となるタンパク質を生成する研究を行っている。タンパク質は、電気と二酸化炭素を使用して生成され、食品や動物飼料として使用することが可能だ。最終的には調理用や製品そのままで使用できる製品にすることを目指しており、非常に栄養価の高い食糧として完成する予定だ。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 世界中の人々に安価で栄養価の高い食糧を提供できるようになる
  • 動物飼料の代替物になるため、畜産業による温室効果ガスの排出を減少
  • 原材料の全てが大気から入手可能なので、砂漠などでも活用できる