Loading...
不要なものの価値を伝える、旅するダンボールアーティスト

不要なものの価値を伝える、旅するダンボールアーティスト

島津冬樹(島津冬樹)

概要

ダンボールをこよなく愛する島津さん。ダンボールアーティストとして世界30か国を巡り、街角に捨てられているダンボールを拾い集めては、デザイン性と機能性を兼ね備えた「ダンボール財布」に生まれ変わらせてきた。また、ダンボール財布作りのワークショップも開催しており、ナイキなど企業とコラボしたワークショップも行ってきた。今後は「ワークショップなどを中心に、個人の意識を変えていくような活動を主体としたい」と話す。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 廃棄されるはずだったダンボールを、全く別の物にアップサイクルする
  • 環境のためよりも、まず作ったり使ったりして「楽しい」を入口にする
  • ワークショップを通して、一人ひとりの意識を変えていく