Loading...
食べ残し・糞尿が列車を動かす英プロジェクト「Bio Ultra」

食べ残し・糞尿が列車を動かす英プロジェクト「Bio Ultra」

Ultra Light Rail Partners(Bio Ultra)

概要

イギリスのバーミンガムで、人々の食べ残した生ごみ、ヘドロ、動物の糞尿などを燃料にして列車を走らせる「Bio Ultra」プロジェクトが進行中だ。採算が取りづらい支線を中心に、環境に優しくかつコストパフォーマンスの良い新たな鉄道で繋げる。最大時速は80キロメートル。敷設コストは地下鉄に比べると20%、地上車両と比べても50%削減できる。定員は最大約120人を想定している。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 生ごみと動物の糞尿で列車を動かすため、廃棄物削減につながる
  • コストパフォーマンスも重視し、地域住民が利用しやすい列車に
  • 排気ガスなどを出さないため、CO2排出量が削減される