Loading...
コーヒー豆の豆かすをたい肥にする、スターバックスのリサイクルプロジェクト

コーヒー豆の豆かすをたい肥にする、スターバックスのリサイクルプロジェクト

スターバックス(スターバックス)

概要

スターバックスコーヒージャパンが日本発の試みとして取り組む、コーヒー豆のリサイクルプロジェクト。スターバックスの店舗から廃棄された豆かすを飼料やたい肥にし、牛のエサに5%含めたり、農家の野菜のたい肥として使用する。豆かす入りのエサで育った牛の牛乳をスターバックスのコーヒーに使用し、豆かすのたい肥で育てられた野菜をサンドウィッチに使うなど、パートナーシップを組んで循環システムを体現している。

組織種別

ここがGood!

  • 食品廃棄物を減らし、飼料やたい肥などにリサイクルする
  • 異業種間のコラボレーションにより、途中で発生した課題を解決
  • リサイクルプロジェクトにより、社内でも環境への意識が芽生える