Loading...
綿の製造過程で出る廃棄物をバイオプラスチックに変える技術

綿の製造過程で出る廃棄物をバイオプラスチックに変える技術

フロンティア材料研究所(IFM)()

概要

綿の製造過程で出るゴミを溶かし、回収したポリマーをバイオプラスチックフィルムに変える技術。このフィルムは、プラスチックの代替品として、干草の包装や、肥料および綿実の包装など、さまざまな用途に使用できる。また、合成プラスチックよりも安価で大量生産でき、有毒な化学物質を使わない。バイオプラスチックは生分解されて土壌になり、その土が綿栽培に使われ、綿製品の紡績工程でまた新たなゴミが生まれ、再びバイオプラスチックに再利用できる。

組織種別

ここがGood!

  • これまで廃棄されていた綿のゴミを、バイオプラスチックに変えて活用
  • ゴミが商品になることで、綿花生産者の収入源が増える
  • 綿のバイオプラスチックは生分解性で環境負荷も低い