Loading...
情報の力で食品ロス削減。食堂のメニューを事前予約できる、フランス発のアプリ

情報の力で食品ロス削減。食堂のメニューを事前予約できる、フランス発のアプリ

デニス・オリバー(Meal Canteen)

概要

フランスのスタートアップが開発した「Meal Canteen」は、食堂を利用するユーザーがメニューを事前予約しておくことで食料廃棄抑制に貢献できるアプリである。食堂側は、ユーザーが予約した情報に基づき、実際に買い手がいる量だけを調理するため、無駄な食品ロスが発生しない。買い手側も、予約機能によって売り切れを心配する必要がない。さらに、アプリからメニューに対するコメントもできるため、メニューの改善をはかり、食べ残しを減らすことにもつながっている。

組織種別

ここがGood!

  • 時間のない会社員や学生のお昼をサポートするアプリ
  • 食品ロスの発生を抑え、食堂利用者の満足度向上にも有効
  • テクノロジーの情報共有の力を生かし、ユーザー側も食堂側もハッピーに