Loading...
台湾国際会議センターに設置された光の芸術作品 「Light Wall」

台湾国際会議センターに設置された光の芸術作品 「Light Wall」

クリス・ウッド(Light Wall)

概要

台北国際会議センターにアメリカのアーティスト、クリス・ウッドが手掛けた「Light Wall」というダイクロイック・ミラーで構成されたアートインスタレーションが設置されている。ダイクロイックミラーとは、20世紀にNASAが開発したもので、光の波長の違いを利用し、異なった色の光を投影可能にする。「Light Wall」には、2500枚ものダイクロイック・ミラーが使用されている。

組織種別

ここがGood!

  • NASAが開発した技術を斬新なアートインスタレーション制作に使用
  • 自然の太陽光の特性を用いた美しいアートインスタレーション
  • 国同士の関わりまで考慮に入れたその土地ならではのアート制作