Loading...
牛の糞尿で再エネづくり。アメリカの農場で進む「バイオ」な実験

牛の糞尿で再エネづくり。アメリカの農場で進む「バイオ」な実験

Bloom Energy(EnergyServer)

概要

アメリカで燃料電池技術を提供するBloom Energyは、牛の糞尿から再生可能エネルギーを生産する技術を発表した。メタン消化装置によって牛の糞尿からバイオガスが回収され、ガス浄化装置を経て、電気化学的なプロセスによって再生可能エネルギーに変換される。通常、メタンを燃焼させると二酸化炭素が排出されるが、同社が開発した燃料電池は、燃焼せずとも再生可能エネルギーを生み出すことができる。

組織種別

ここがGood!

  • メタンを燃焼せず再エネに変換することで炭素排出量を削減できる
  • 大気に放出されるはずだったメタンで農場のエネルギーを賄うことができる
  • 牛由来のメタンの削減方法として、「食べない」以外の選択肢になりえる