Loading...
自宅の庭をハチのために使う、米ミネソタの自然保護プログラム

自宅の庭をハチのために使う、米ミネソタの自然保護プログラム

ミネソタ土壌・水資源委員会(Lawns to Legumes)

概要

ミツバチは、植物の花粉交配を助ける重要な役割を担っているが、近年送粉者の数は大幅に減少している。地域の生物多様性を保つため、2019年にアメリカのミネソタ州で始まったのが、ハチを中心とした送粉昆虫を地域に呼び戻し増やすための環境を整備するパイロットプログラム “Lawns to Legumes” だ。同プログラムは、地域住民の庭や家庭菜園で、ハチを中心とした送粉者を呼び戻す植物や作物の栽培を促すもの。参加する個人や世帯に補助金が付与されるほか、専門家によるワークショップ、コーチング、栽培手引きなども提供される。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 「ハチのための庭」を実現することで生物多様性を取り戻す
  • 子供や環境に詳しくない人への体験・教育の機会となる
  • 政府・自治体が生物多様性の保全のために積極的に取り組んでいる