Loading...
電気が届かない村でもインターネットが使える太陽光で発電する通信ハブ

電気が届かない村でもインターネットが使える太陽光で発電する通信ハブ

Kumbaya(zeroXess接続プラットフォーム)

概要

米国カリフォルニア州で生まれた団体Kumbayaは、どんな場所でもある太陽光を活かし、ユーザーをLTEや3G、Wifiなどに繋げる「zeroXess接続プラットフォーム」を開発した。このプラットフォームは、緊急時はもちろん、日常的に手頃な価格でインターネット接続ができる。同プラットフォームの目標は、まだインターネットアクセスのない地域や人々の支援だ。テクノロジー、教育、インフラへのアクセスを増やすことは、貧困が減少することも意味する。また、技術革新によってインフラにおける平等を実現しする。

組織種別

ここがGood!

  • テクノロジー、教育、インフラへのアクセスを増やすことで貧困をなくす
  • 技術革新によってインフラにおける平等を実現することができる
  • 電子マネーで安全に送金できるようになり地元の起業家に新しい世界が広がる