Loading...
ウガンダ学生が開発。食料を乾燥させて保存期限を延ばす「Sparkly Dryer」

ウガンダ学生が開発。食料を乾燥させて保存期限を延ばす「Sparkly Dryer」

Lawrence Okettayot(Sparkly Dryer)

概要

アフリカでは飢餓に苦しむ人も多くいるが、市場で販売される食材の多くは長期保存が難しいため、食品ロスも多い。ウガンダの学生が開発した「Sparkly Dryer(きらめくドライヤー)」は、従来は鮮度が落ちると捨てられてしまっていた食材を乾燥させることで、数か月先まで保存できる機械だ。電力ではなくバイオ燃料で動くため、環境にやさしいだけでなく、都市から離れた地域に住んでいるなどの理由で、電力を手に入れにくい農家でも利用可能。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • この機械があれば1年中食品の持ちを良くすることが可能になる
  • 価格がリーズナブルで、電気のない地域に住む人でも使うことができる
  • バイオ燃料を使っているため、環境への負担も少ない