Loading...
廃棄予定のジャガイモからできた建築資材「Chip[s] Board」

廃棄予定のジャガイモからできた建築資材「Chip[s] Board」

Chip[s] Board(Chip[s] Board)

概要

建築資材の多くには、ホルムアルデヒドなどの毒性の物質が含まれており、解体後まで環境負荷が高い。そんな「使い捨て資材」に替わる、廃棄予定のジャガイモからできた新建築素材「Chip[s] Board」が誕生した。この特徴は、環境とフードロスの両方にアプローチしているという点。通常廃棄されるジャガイモの皮も、毒性のない建築資材となり、解体されても埋めれば地中で分解されて肥料になるという、建築資材でサーキュラーエコノミーを実現した。

組織種別

ここがGood!

  • ボードは硬質で、カラー展開も豊富なため建築素材として使いやすい。
  • 環境負荷を減らすだけでなく、毒性物質を含まず、人間にもやさしい。
  • カラー展開が豊富なため塗装の人件費まで削減できる。