Loading...
東北と横浜をつなぐ、再エネ都市間流通による地域活性化モデル

東北と横浜をつなぐ、再エネ都市間流通による地域活性化モデル

横浜市(Zero Carbon Yokohama)

概要

横浜市は、2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」の実現に向け、福島県会津若松市の再エネ発電所の電気を横浜市内に供給する実証事業を開始した。需要家に供給する際に入札方式により小売り電気事業者を決定する仕組みを構築することにより、需要家が従来の電気代と比較して再エネを安価に利用することが可能になるほか、再エネを利用することで6.7%以上の電気代削減を実現できる。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 人口の多い横浜市で再エネを供給し、CO2排出量の大幅な削減が見込める
  • 再エネによって供給された電気代の一部を地域活性化のために使用する
  • 従来と比較して電気代が安くなり、人々が利用しやすくなる