Loading...
コーヒーかすから生成されるバイオ素材「セルロースナノファイバー」

コーヒーかすから生成されるバイオ素材「セルロースナノファイバー」

横浜国立大学大学院工学研究院(セルロースナノファイバー)

概要

横浜国立大学が、コーヒーかすからセルロースナノファイバーの生成に成功したことを発表した。セルロースナノファイバーとは、木材パルプからの製造が主流で、非常に小さいセルロース(炭水化物の一種)の繊維のこと。軽量で強度が高く、温度変化による伸縮が小さく環境負荷が少ないという特徴を持っており、車の部品や住宅建材、フィルターや食品フィルム、医薬品や化粧品など、幅広い用途に使用できる。

組織種別

ここがGood!

  • 消費量が多いコーヒーかすをバイオ素材に活用している
  • 均一な質で生分解できるフィルムの作成も成功している
  • ゴミとなるものの原料の特性に着目し同じような構造のものと比較している