Loading...
AIが生み出した、持ち運べる浄水場。WOTAの「持続可能な水インフラの未来」とは

AIが生み出した、持ち運べる浄水場。WOTAの「持続可能な水インフラの未来」とは

WOTA株式会社(WOSH)

概要

2050年には世界人口の約半数が水不足にさらされると予想されている中、東京大学発ベンチャー・WOTA株式会社が「自律分散型の水循環社会」を目指し、世界初のポータブル水再生処理プラント「WOTA BOX」やポータブル手洗いスタンド「WOSH」の製品を開発している。一度使った水の98%以上が再利用できるため、水道のない場所や使える水が少ない状況下でもシャワー入浴や洗濯が可能となる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 日本だけではなく、世界の途上国などでも使用することができる技術である
  • 地震などの災害時や水不足のときなど、水が必要になる場面で活用できる
  • 既存のインフラが撤退しても、各家庭で水を確保できる可能性を秘めている