Loading...
ガラスの代わりになる。米国で研究が進む「透明な木材」

ガラスの代わりになる。米国で研究が進む「透明な木材」

メリーランド大学(透明な木材)

概要

米国・メリーランド大学で研究が進んでいるのは、ガラスの代替素材となり得る「透明な木材」だ。一見プラスチックのようにも見えるが、窓やビルの建材としても使用可能だという。研究者によると、木材はガラスに比べて熱伝導率が低く、軽くて頑丈なうえに通常のガラスよりも環境に優しい。建物の窓の素材にすれば、より効率的にエアコンの効き具合を調整できるほか、強い直射日光を和らげながら柔らかい自然光を取り入れることも可能だ。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • ガラス製造のために必要とされる天然ガスを削減できる
  • 「透明な木材」はガラスに比べて熱伝導率が低く、軽くて頑丈
  • 「透明な木材」を製造する上での環境への負荷は、木材よりも少ない