Loading...
ダムと魚の共存で生態系を守る。鮭を川の上流に高速輸送させる「Fish Passage」

ダムと魚の共存で生態系を守る。鮭を川の上流に高速輸送させる「Fish Passage」

Whooshh Innovations(Fish Passage)

概要

アメリカの北西部では、ダム設立等により鮭の個体数の減少が問題視されている。てっとり早く魚が通るための「魚道」を作るべく、シアトルではダムの下にある水場から、ダムの上にある産卵場所まで魚を空気圧によって一瞬で飛ばす、チューブ状の運搬マシーン開発された。通常利用される魚はしごのような階段状の水溜まりを使うよりも、魚の体力消耗・ストレスが少ない。また、魚をスキャンして野生魚と養殖魚とを分類し、それぞれ適切な目的地に届ける。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • アメリカの多くは魚道が整備されておらず、一つひとつ魚道が作られるのを待っていては鮭がいなくなるかもしれないという懸念がある中、素早く鮭を上流に運ぶ手段である
  • 魚を傷つけるわけではなく、むしろ通常の方法よりも体力の消耗やストレスを減らす
  • 野生魚と養殖魚を自動的に分類し、競合させない