Loading...
ニューヨークのサステナブルな異業種コラボ、ブルワリーの廃水で魚を養殖

ニューヨークのサステナブルな異業種コラボ、ブルワリーの廃水で魚を養殖

TimberFish Technologies()

概要

ニューヨークのウェストフィールドにあるクラフトビールブルワリーのFive & 20 Craft Spirits and Brewingと、養殖スタートアップのTimberFish Technologiesが提携し、ブルワリーの蒸留時に出る廃水を活用して魚の餌を作り、魚を育てるという独自の養殖施設をオープンした。この施設により年間20,000ポンドの魚の養殖が可能となり、将来的に200~300名の新たな雇用を生み出す事ができる。

組織種別

ここがGood!

  • 一見繋がりのない異業種のコラボレーションで社会問題にアプローチ
  • 社会問題を解決しつつお互いのメリットとなる新たなビジネスモデル
  • 廃水の有効活用と雇用の創出という2つのメリットを生み出した