Loading...
サントリーが長野県大町市に建設中の「CO2排出ゼロ工場」

サントリーが長野県大町市に建設中の「CO2排出ゼロ工場」

サントリー(サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場)

概要

大手飲料メーカーのサントリーが、2021年春に長野県大町市に稼働予定の「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」を、同社で初めての「CO2排出ゼロ工場」にする。省エネ推進や再生可能エネルギー導入、バイオマス燃料を用いたボイラー導入、CO2排出をオフセットするカーボンクレジットの活用などにより、製造工程におけるCO2排出量を実質的にゼロとする。さまざまな体験ができる施設でもあり、地域活性化にも期待されている。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 通常、工場での製造で大量に発生するCO2を実質的にゼロにする
  • 地域の魅力を生かして、より自然を感じられる遊歩道や、サントリー天然水ができるまでの過程を体感するシアタルームなども併設
  • 長野県の新たな魅力の一つとなることで、地域活性化にも期待されている