Loading...
溶かして食べられる包装。UKの学生が開発したラーメンスープになるパッケージ

溶かして食べられる包装。UKの学生が開発したラーメンスープになるパッケージ

ホーリー・グラウンド(edible packaging)

概要

イギリスのレイべンズボーン大学の学生が開発したのは、お湯を注ぐだけで包装ごと溶かして食べられるインスタントラーメン。味とスパイスもあらかじめ麺に染み込ませてあるため、普段袋ラーメンで使われるような、調味料を包むためのプラスチックの小袋も必要ない。このアイデアは2020年、オンラインマガジンDezeenが主催するデザイン賞「Virtual Design Festival」の持続可能なデザインプロジェクトの1つとして表彰された。

組織種別

ここがGood!

  • ソースやスパイスを入れるプラスチック製小袋をなくすアイデア
  • デンプンをベースのバイオフィルムなので、人体には無害
  • 外側の紙包装はすべてリサイクル可能