Loading...
見えないハンディキャップを抱えた人でも席を譲ってもらえる青バッジ

見えないハンディキャップを抱えた人でも席を譲ってもらえる青バッジ

ロンドン交通局(ロンドン交通局)

概要

ロンドン交通局が新たに導入したのは、”Please offer me a seat”と書かれた小さな青いバッジとカードだ。実は隠れた病気や障害を抱えており、電車やバスなどで優先席を必要としている人々が車内で席を譲ってもらいやすいよう開発された。「なぜ席が必要なのか」という理由を明かさずともそれを見せるだけで席を譲ってもらえるという仕組みになっており、プライバシーも守られる。

業界

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 一見分かりづらい病気などを抱えた人が席を譲ってもらいやすいしくみ
  • 席に座りたい理由を明かさなくて良いため、プライバシーが守られる
  • 病気であることを公にしたくない場合は、カードを提示するだけで良い