Loading...
パリが毎年行う自動車の乗り入れを禁止する「車なしデー」

パリが毎年行う自動車の乗り入れを禁止する「車なしデー」

パリ市(車なしデー)

概要

パリで毎年行われる1年に1度の「車なしデー」。パリの街全体で凱旋門からナシオン広場まで徒歩で約2時間ほどの距離が歩行者天国状態になり、自動車の乗り入れを禁止する。パリは、国内外から絶え間なく訪問者があり、一極集中型のフランス経済を担う首都でもある。パリのような大都市では交通量に起因する大気汚染が恒常化している。これは、ガスを排出する車両の数を大幅に制限する取り組みの一環である。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 人々が大気汚染の問題を身近で認識するきっかけになる
  • 実際に車がなくてもパリは移動できることを体験することができる
  • すべての車を取り除くことではなく、別の移動手段に切り替えることが目的