Loading...
都会のビル風をエネルギーに。英国のシンプルな風力発電タービン「O-Wind」

都会のビル風をエネルギーに。英国のシンプルな風力発電タービン「O-Wind」

英ランカスター大学の学生2人(O-Wind)

概要

英ランカスター大学の学生2人が、都市を吹き抜けるビル風をエネルギーに効率よく変えるタービン「O-Wind」を開発し、2018年ジェームズダイソンアワードを受賞した。O-Wind のタービンは直径25cmの球形で、幾何学的な穴を持つ。形状を球にしたのは、都市ではあらゆる方向から予測不可能な強いビル風が吹き、従来の一方向の風のみを捕らえる風力発電タービンでは非効率的になるからだ。これまで人々が目をつけなかった、都市で吹き荒れるビル風を有効利用するGOODアイデア。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • これまで人々が目をつけなかったビル風を有効活用
  • どの方向から吹くかわからないビル風に対応した球体デザイン
  • 直径25㎝ほどでどこにでも設置できるコンパクトさ