Loading...
壁よりも橋を築こう。手仕事でパレスチナと日本をつなぐ「架け箸」

壁よりも橋を築こう。手仕事でパレスチナと日本をつなぐ「架け箸」

架け箸(架け箸)

概要

「パレスチナについて、ポジティブなイメージもあることを知ってほしい」その想いから、団体「架け箸」はパレスチナの特産品であるオリーブの木を使ったお箸と伝統の刺繍製品づくりに取り組む。箸づくりに取り組む理由は、日本文化との接点を作りたかったからだ。オリーブの実やオイルはパレスチナの特産品として用いられてきたが、従来あまり使われてこなかったオリーブの枝を原料に使用することで廃棄物の削減につながる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • あまり使われることのなかったオリーブの枝を使い、廃棄物を削減する
  • パレスチナの製品を発信し、パレスチナについて知ってもらうきっかけに
  • パレスチナと日本をつなぐ架け橋のような役割を目指す