Loading...
まちの道路をテラス席に。コロナ禍の飲食店を救う横浜の「かんないテラス」

まちの道路をテラス席に。コロナ禍の飲食店を救う横浜の「かんないテラス」

関内まちづくり振興会(かんないテラス)

概要

横浜・関内まちづくり振興会が4月に実施したアンケートでは、9割以上の店舗がコロナ禍によって売上が下がったという。そんな中、車道の一部を通行止めにして道路にテラス席を設置し、近くの飲食店のテイクアウトを利用できるようにする「かんないテラス」が開催された。夕方からお店を道路まで拡張し、3密を避けながら飲食を楽しめるようにするという新しい生活様式の実証実験だ。商店街だけでなく、町内会をあげて1か月という短い期間で企画し、世代や立場を超えた試みとなった。

組織種別

ここがGood!

  • 多様なメンバーが委員であることで、道路協議も警察協議などもやりやすくなっていた
  • 課題は見えつつも、今回の挑戦によってPDCAを回す文化を築けた
  • バルセロナの「superblock project」にも近い人間中心的な考え方