Loading...
廃棄アマモを肥料に野菜を育て、小学生と商品化「SDGs金澤リビングラボ」

廃棄アマモを肥料に野菜を育て、小学生と商品化「SDGs金澤リビングラボ」

横浜金澤リビングラボ(横浜金澤リビングラボ)

概要

金沢区から三浦半島でとれた山の幸、海の幸を使い、地名「金沢八景」にちなんで、唐辛子と8種類の素材をブレンドした「金澤八味」を作った地域産品づくりによるまちおこし振興プロジェクト。ただ完成した名物食品による宣伝効果を目指すだけでなく、地域で問題となっている廃棄物を肥料として循環させながら、生産から最終的な販売までを市民参加型で行うという、“つくる”過程にもこだわった活動。

組織種別

ここがGood!

  • ゴミとなったアマモを価値ある肥料ととらえ、コストも削減しながら循環経済をつくった
  • 地元の小学生たちが、栽培から収穫、七味の配合、販売までをプロデュースした
  • 金沢区から三浦半島でとれた食材を使って地産地消している