Loading...
鎌倉市が開始した、地域通貨で資源循環を目指す「まちのもったいないマーケット」

鎌倉市が開始した、地域通貨で資源循環を目指す「まちのもったいないマーケット」

鎌倉市(まちのもったいないマーケット)

概要

鎌倉市内の飲食店・団体が、株式会社カヤックとタッグを組み、資源循環型エコサイクルを目指す「もったいないマーケット」を企画した。同プロジェクトは、カヤックが連携する鎌倉の飲食店・団体から出る規格外野菜や賞味期限切れ直近の食品、廃棄予定のものなどを、鎌倉市のまちのコイン(地域通貨)のクルッポを使って買い取る。買い取った食品や野菜はカヤックが運営する「まちの社員食堂」に集められ、クルッポで販売するという仕組みだ。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 様々な立場の人を巻き込んでごみ問題の解決に向き合うことが可能になる
  • 食品ロスの削減だけでなく市内のコミュニティづくりにもつながる
  • 地域通貨を用いることで互いにwin-winな関係に