Loading...
難民キャンプ8万人に向けた世界最大の太陽光発電が稼働

難民キャンプ8万人に向けた世界最大の太陽光発電が稼働

ドイツ政府(太陽光発電システム)

概要

ドイツ政府が8万人にも及ぶシリア難民のために、世界最大規模の太陽光発電システムを導入し、その稼働を開始した。これにより、難民キャンプでもようやく扇風機、冷蔵庫、照明に携帯電話の充電などが安定的に行えるようになる。ソーラーパネルを設置することで炭素の排出を減らし、環境にも負荷が最小限に抑えられる。

組織種別

ここがGood!

  • 4万ものソーラーパネルは年間1万3千トンもの炭素の排出を減らす
  • 毎年550万ドルもの電気代も抑えることができる
  • 浮いたお金は、さらなる難民支援のために使うことが出来る