Loading...
エミレーツ航空、廃棄ペットボトルからできたブランケットを機内に導入

エミレーツ航空、廃棄ペットボトルからできたブランケットを機内に導入

エミレーツ航空(エミレーツ航空)

概要

航空産業は環境への負荷が高い業界であり、2050年には航空機が排出する二酸化炭素の量は3倍になるとの予測もある。エミレーツ航空が機内用品メーカーのBuzzと手を組んで新たに導入したのは、100%プラスチックペットボトルからリサイクルされたブランケットだ。1枚あたり28本ものペットボトルが使用されており、2019年の終わりまでには約12000トンにあたる、8800万本ものペットボトルをリサイクルできる計算だという。

組織種別

ここがGood!

  • 1枚あたり28本のペットボトルをリサイクルしている
  • ブランケット製造過程でのエネルギーを70%削減している
  • 機体の変更はすぐにできないが、小さなことから取り組んでいる