Loading...
電気自動車がオフィスに!?日産が考えた世界初・ゼロエミッションの「走る職場」

電気自動車がオフィスに!?日産が考えた世界初・ゼロエミッションの「走る職場」

日産(e-NV200 WORKSPACe)

概要

テクノロジーを活用した未来型自動車の開発に力を入れている日産自動車が、英国のStudio Hardieとともに世界初となるデジタルノマド向け電気自動車「e-NV200 WORKSPACe」をデザインした。わずか30分で80%までバッテリー充電が可能で、車両の駐車・充電中に街中を移動できるよう、折り畳み自転車が内蔵されている。日産の100%電気自動車「e-NV200」をワークプレイス仕様にしたもので仕事に必要な全てが車内に搭載されている。

組織種別

ここがGood!

  • 時代とともに多様化する働き方のニーズを満たすアイデア
  • CO2を一切排出しないゼロ・エミッション電気自動車で環境にも配慮
  • 短い充電時間や仕事に必要な備品の搭載で、高いユーザビリティを実現