Loading...
街角で「難読症」を疑似体験できる広告「A Moment of Dyslexia」

街角で「難読症」を疑似体験できる広告「A Moment of Dyslexia」

レオバーネットロンドン社(A Moment of Dyslexia)

概要

欧米では、人口全体の10%~15%が持っているといわれる「難読症」。バーミンガムとロンドンで作られた広告では、長文が書かれた巨大スクリーンが設置され、画面上の文字が勝手に動き出し、点滅したり小さくなり、読み進めるのが困難に、苦痛になっていく。これは「難読症の人々の見え方」を再現したもの。日本ではあまり調査されておらず知られていない障害の1つをクリエイティブに紹介している。

組織種別

ここがGood!

  • 街角に大スクリーンを置くことにより多くの人の注意を呼ぶ
  • 実際の体験を通して、人々の意識は大きく変わる
  • 認知度が低い障害を紹介するのに有効