Loading...
コペンハーゲン市の公共の果樹

コペンハーゲン市の公共の果樹

コペンハーゲン市(Bild Mad)

概要

デンマークの首都であるコペンハーゲン市が決めた、誰もが無料で果物を取って食べることができる「公共の果樹」の植樹プロジェクト。公園や教会の中庭などに木を植えて街全体を都市果樹園にすることで、人々が果物の味を楽しみつつ地域とのつながりを強めることを目指す。植物の維持費を抑えるため、りんご、ブラックベリー、エルダーベリーなど、丈夫に育つ地元の果物を植えることを検討している。

組織種別

ここがGood!

  • アプリ「Vild Mad」では、デンマークで採集できる自然の食材を検索できる
  • 「観光」の視点ではなく、そこで暮らす人の日常を豊かにする「生活」の視点から生まれたアイデア
  • 植物の維持費を抑えるため、丈夫に育つ地元の果物を植えることを検討