Loading...
大手スーパー「カルフール」が開く「規格外野菜のブラックマーケット」

大手スーパー「カルフール」が開く「規格外野菜のブラックマーケット」

カルフール(ブラックマーケット)

概要

パリ近郊に本社を置き、フランス全土、そしてヨーロッパ各地に進出している大手スーパーマーケットのカルフールが、生産された97%の青果が「違法」扱いになっている現状に疑問を投げかけるべく、少し過激なプロモーションを展開した。スーパーの一角を黒一色で染め抜き、「違法」な規格外野菜を売るブラックマーケット(闇市)を演出をした。有機農法へのこだわりがありながら、不揃いな野菜を許容しないフランスの法制度・社会的態度に疑問を投げかけた。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 不揃いな野菜が廃棄されずに済み、買い手が見つかる仕組みである
  • 市民からの大きな賛同を得たことで、フランスの法改正を実現した
  • ブラックマーケットというユニークな企画が人々の注目を集めた。