Loading...
フィンランド企業が「中波長赤外線カメラ」で黒プラスチックの廃棄問題を解決

フィンランド企業が「中波長赤外線カメラ」で黒プラスチックの廃棄問題を解決

Specium(中波長赤外線カメラ)

概要

黒色プラスチックはデザインへの汎用性が高いため、家電や食品トレーを中心とした幅広い製品に使われており、様々な色のプラスチックを混ぜ合わせてリサイクルして作るので製造コストが安い。しかし、通常のプラスチックのリサイクルの工程で赤外線が黒色の色素に吸収されてプラスチックとして分別されずリサイクルされずに廃棄されてしまう。そんな課題を解決すべく、フィンランドの企業が黒色プラスチックを判別できる「中波長赤外線カメラ」を開発した。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 市場に多く出回っている黒色プラスチックが廃棄されてしまう課題を解決
  • 黒プラスチックは他の色も混ぜて低コストでリサイクルできる
  • サーキュラーエコノミーを推進する技術の一つになり、期待されている