Loading...
世界初のバイオ燃料で飛ぶ飛行機、カンタス航空から誕生

世界初のバイオ燃料で飛ぶ飛行機、カンタス航空から誕生

Quantas Airline(Biofuel Flight)

概要

オーストラリアのカンタス航空が、世界で初めてバイオ燃料を使ってアメリカ―オーストラリア間の直行便を運航した。バイオ燃料の10%はマスタードシードから採れたオイルを用いており、再生可能な燃油を生産し、既存の燃料と比べて1万8000キロものCO2を削減できる。燃料の一部に使われているマスターシードは一般的な作物が育たない時期に育つため、土地を有効活用することができる上、高タンパクで家畜の飼料として使え、さらには畑の土壌を良くする効果まである。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 世界初の長距離運行に取り組み、注目を集めた
  • 既存の燃料と比べて1万8000キロものCO2を削減できる
  • 一般的な作物が育たない時期に育つ燃料材もあるため土地を有効活用できる