Loading...
人種差別の恐れがある店を警告表示する、米大手口コミサイトYelp

人種差別の恐れがある店を警告表示する、米大手口コミサイトYelp

Yelp(Racist Behavior Alert)

概要

米国のローカルビジネスの口コミサイトYelpが、2020年10月から搭載したアラート。掲載店舗のオーナーや従業員が人種差別的行為で人々の注目を集めた場合、その店のページで「人種差別的行為で告発された事業者(Business Accused of Racist Behavior)」と警鐘を鳴らす。その根拠となるニュース記事へのリンクも貼り、利用者に「それでも利用しますか」と問いかけるような機能だ。

組織種別

ここがGood!

  • 人種差別をしない店がより多くの利用者を集める仕組み
  • アラートの根拠も明示することで、信頼性を担保
  • 大手口コミサイトとして、「差別を許さない」態度を示すことができる