Loading...
教育のアクセス拡大を加速する、マダガスカル発3Dプリンター製の学校

教育のアクセス拡大を加速する、マダガスカル発3Dプリンター製の学校

Thinking Huts(Thinking Huts)

概要

アメリカの非営利団体「Thinking Huts」は、世界中の子どもたちが教育にアクセスできるように、3Dプリンターで学校を建てる取り組みを始めた。3Dプリンターを使うと1週間もかからずに学校を建てることができるため、学校施設が不足している国や地域にとっては特に嬉しい取り組みだ。建設業の人手不足が起こっている地域にとっても朗報。世界初となる3Dプリンター製の学校の建設は、アフリカ南東部沖に浮かぶ島国マダガスカルからスタートする。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 学校が不足している地域で教育機関の建設を速く進められる
  • 建設に際してたくさんの人材を集める必要がなく、少ない人数で始められる
  • 外壁には垂直農園を組み込み、屋根には太陽光パネルを設置した