Loading...
雨の日でも発電できる、雨粒の動きによる摩擦をエネルギーに変える太陽電池

雨の日でも発電できる、雨粒の動きによる摩擦をエネルギーに変える太陽電池

蘇州大学研究チーム(太陽電池)

概要

雨が降っているときは雨粒から、晴れているときは太陽からエネルギーを生み出す太陽電池。既存の太陽電池に摩擦によって発電する装置を取り付け、雨の雫の動きで発電することで、雨の日の発電を可能にする。この仕組みに2つの重合体(ポリマー)を組み合わせることで、よりハイブリッドなエネルギーシステムを実現した。陽が出ない曇りの日や、雨の日に発電量が制限されるという太陽光発電の課題を解消するアイデアとなっている。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • どのような天気でもエネルギーを生み出す太陽電池を可能にするアイデア
  • 雨粒の動きによる摩擦をエネルギーに変えている
  • 研究開発により、実用化に近づくシンプルなデザインを実現させた