Loading...
「卵の殻」でエネルギーを貯蔵。ドイツで研究が進むエコな新技術

「卵の殻」でエネルギーを貯蔵。ドイツで研究が進むエコな新技術

カールスルーエ工科大学(Energy with Eggshells)

概要

ドイツのカールスルーエ工科大学研究チームが、卵の殻をエネルギー貯蔵用の電極として使用する新たな技術を開発。普段なら料理のときに廃棄される卵の殻は、炭酸カルシウムと、タンパク質を多く含むうすい膜の複合体でできている。研究者らは、この炭酸カルシウムがリチウムを貯蔵するという、卵の殻の電気化学的性質を発見したことからこの技術の着想を得た。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 日常の中で廃棄されるモノに価値を見出すアイデア
  • 高い品質。試作電池は1,000回を超える充電放電サイクルにわたって、92%の容量維持率を保つなど
  • 材料の電気化学的および物理的反応の性能が上がれば、今後は電池以外の用途でも使えるように