Loading...
溶融塩で蓄電し日没後も電力供給できる、世界最大の太陽熱発電所

溶融塩で蓄電し日没後も電力供給できる、世界最大の太陽熱発電所

SolarReserve(Solarpower plant)

概要

オーストラリアに建設された、溶融塩の蓄電システムを使った世界最大規模の太陽熱発電所。従来の太陽熱発電は、夜間は発電せず、天候によって発電量が左右される点が課題だが、この太陽熱発電所では昼間に発電して電力を貯蓄し、日没後も溶融塩のバッテリーに貯めておいた太陽エネルギーを使用できる。これにより、バックアップ用の化石燃料を使用せずに、有害物質も排出せずに、化石燃料や原子力のような安定した電力供給が可能になる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 太陽熱発電のバックアップに化石燃料を使用する必要がなくなる
  • エネルギー貯蓄に溶融塩を使用するとコストも抑えられる
  • 発電所建設により、700人の雇用が新たに生まれる