Loading...
プラスチックごみをクリーン燃料に変える、米大学の新技術

プラスチックごみをクリーン燃料に変える、米大学の新技術

パデュー大学(Chemical Conversion of Plastic Waste into Fuel)

概要

アメリカのパデュー大学研究チームが、プラスチックごみをクリーン燃料に変える新技術を開発した。この技術はプラスチックの一種であるポリオレフィンを化学変換することで、クリーンな燃料やその他の有用な物質を生成するものだ。毎年排出されるポリオレフィン廃棄物を変換して得られるクリーン燃料は、ガソリンやディーゼル燃料の年間需要の4パーセントをまかなえるという。

組織種別

ここがGood!

  • ガソリンやディーゼル燃料の年間需要の4パーセントをまかなえる
  • プラスチックの削減に貢献
  • ごみの90%以上を純粋なポリマーやナフサ(軽質油)等に変換する高い技術