Loading...
ペットボトルをアップサイクルしてできた義肢

ペットボトルをアップサイクルしてできた義肢

レスター大学工科学研究所()

概要

義肢は高価なため、開発途上の地域などでは手が届かない患者が多くいるのが現状。当プロジェクトでは、義肢用の低コストの代替材料を見つけることができた。業界平均の5,000ポンド(約65万円)と比較して、つくるのに要した費用は10ポンド(約1,300円)と、ペットボトルをアップサイクルして大幅なコストダウンを実現した。また、義肢は軽くて歩きやすく、通気性も良いという。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 業界平均の5,000ポンド(約65万円)と比較して、10ポンド(約1,300円)という低コストで義肢を製作
  • 今回の義肢であれば、下肢切断者にとって費用対効果が高く、快適で耐久性がある
  • プラスチックによる環境汚染から「利用を控えよう」という動きのあるペットボトルの新しい使い道