Loading...
在宅勤務をウェルビーイングにする「バーチャル通勤時間」の導入

在宅勤務をウェルビーイングにする「バーチャル通勤時間」の導入

マイクロソフト(Teams)

概要

リモートワーカーのウェルビーイングを高めるべく、Microsoft Teamsの新機能に「バーチャル通勤時間」が追加された。スタッフは就業開始時にTeams上で「通勤」をスケジュールし、その時間帯は散歩やコーヒーを飲んで1日の計画を立て、仕事に向けて気分を整える。仕事を終える時も、1日の調子を振り返ったり、瞑想をしたりして、徐々に仕事から自分を切り離す。新機能追加により、在宅勤務の拡大や生産性の維持に貢献することが期待される。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 在宅勤務下であっても、生活リズムを整えることができる
  • 従業員の生産性向上やモチベーションの向上につながる
  • Teamsの導入企業が、従業員のウェルビーイングを意識するようになる