Loading...
メタンガスを食べるバクテリアから作る未来の洋服「Mango Materials」

メタンガスを食べるバクテリアから作る未来の洋服「Mango Materials」

Mango Materials(Mango Materials)

概要

アメリカのスタートアップであるMango Materialsが、メタンガスを食べるバクテリアを使って生分解可能なポリマーを生成し、洋服の原料として使用している。彼らの開発した素材は、メタンガスを食べるバクテリアを使用しており、排出量削減が目指されいているメタンガスの削減に貢献している点で注目される。着用しなくなったときに生分解可能な素材で作られていることも環境への配慮と捉えられる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • メタンガスを食べるバクテリアを使い洋服の原料となる生分解可能なポリマーを生成
  • 洋服の素材の生成が間接的にメタンガスの削減につながっている
  • 素材は海に流したとしても、バクテリアによって生分解が可能なものである