Loading...
米国ライドシェアLyftが導入、EVやハイブリットカーを選べる「グリーンモード」

米国ライドシェアLyftが導入、EVやハイブリットカーを選べる「グリーンモード」

Lyft(グリーンモード)

概要

大手ライドシェアサービスLyft(リフト)が、配車の際にEV(電気自動車)またはハイブリッドカーを呼び出すことができる「グリーンモード」を導入することを発表した。Lyftは新たに何千もののEVを導入し、それらの充電も100%再生可能な電力でまかなう予定だ。他にも、車を所有していない人でもLyftで稼ぐことができるEVレンタルプログラムを始める。

組織種別

ここがGood!

  • EVは従来の車よりも燃費が良く一般的な走行コストはガソリン車の半分
  • 低燃費で運用費も小額なため、運転手も従来のライドシェアに比べ節約可能
  • グリーンモードで稼げるシステムでEVが広く利用されれば大気汚染が減る