Loading...
紫外線を吸収して再エネ。廃棄農作物をアップサイクルしたパネル「AuREUS」

紫外線を吸収して再エネ。廃棄農作物をアップサイクルしたパネル「AuREUS」

Carvey Ehren Maigue(AuREUS)

概要

27歳のフィリピン人エンジニア、Carvey Ehren Maigue氏が生み出したのは、廃棄された農作物をアップサイクルし、太陽から紫外線を吸収して再エネに変換するパネル「AuREUS(オーレウス)」だ。その特徴は、平面の場所だけではなくあらゆる場所で発電ができる点と、晴天下でも曇り空でも関係なく安定した発電が可能な点。廃棄農作物が実は価値あるものに変わるというメッセージを伝えながら、より若い世代が農業に携わるきっかけをも与える活動である。

組織種別

ここがGood!

  • 価値がないとみなされることの多い災害による廃棄農作物の削減につなげている
  • あらゆる場所、気候条件の下で使用できるという柔軟性
  • 廃棄農作物や農業の可能性についても伝えている